【社会学】に関する書籍

在庫:
キーワード:      発売年月:   (西暦) 月 ~ 
タイトル:      ISBN:    (978-) 4-641- -*(5桁の数字を入力)
著者名:    テキスト目録の分類で探す:
書籍(・ムック)のみ検索:
分野で絞り込む:  >  >  >  >
検索条件のクリア 検索方法が不明の場合はヘルプをご覧ください
表示順:        昇順・降順:        表示件数:            
一覧表示 表紙画像あり
Page 1: 1-20/Total 115 1 2 3 4 5 次へ>
日本のフェミニズム

日本のフェミニズム -- 150年の人と思想

井上 輝子 (元和光大学教授)/著

2021年12月08日発売
四六判 , 350ページ
定価 2,420円(本体 2,200円)
ISBN 978-4-641-17473-3

明治維新後150年の日本のフェミニズムの歴史を,主要な人物や思想に焦点を当てながら,一貫した視点で書き下ろしたテキスト。1970代以降を扱う後半は,フェミニストとしての著者自身の足跡を

社会学
社会学 > 女性学・男性学・ジェンダー

やさしい入門書

詳細を見る
新刊予約
ネット社会と民主主義

ネット社会と民主主義 -- 「分断」問題を調査データから検証する

辻 大介 (大阪大学准教授)/編

2021年11月発売
A5判 , 254ページ
定価 3,190円(本体 2,900円)
ISBN 978-4-641-17472-6

インターネットが8割を超えて普及する時代を迎え,世論の分断や党派対立はますます激しくなったかのように見える。しかし,そこで生じている「分断」とは,いったいどのようなものなのか。社会学・

社会学
政治

詳細を見る
○在庫あり
女性の生きづらさとジェンダー

女性の生きづらさとジェンダー -- 「片隅」の言葉と向き合う心理学

心理科学研究会ジェンダー部会/編
青野 篤子 (福山大学名誉教授),田口 久美子 (和洋女子大学教授),沼田 あや子 (白梅学園大学特任講師),五十嵐 元子 (帝京短期大学准教授)/編集委員

2021年11月発売
四六判 , 360ページ
定価 2,530円(本体 2,300円)
ISBN 978-4-641-17470-2

女性の生きづらさはどこからきているのか。その解消や緩和のために何ができるのか。臨床現場に近しい心理学者や実践家が真摯に向き合い,女性たちの声をすくいあげる。現代のジェンダーに埋め込まれ

心理学
社会学 > 女性学・男性学・ジェンダー

個別テーマの解説書

詳細を見る
○在庫あり
協力の条件

協力の条件 -- ゲーム理論とともに考えるジレンマの構図

盛山 和夫 (東京大学名誉教授)/著

2021年6月発売
A5判 , 402ページ
定価 4,180円(本体 3,800円)
ISBN 978-4-641-17462-7

環境問題や資源問題など,私たちの生活と地続きにあるさまざまな社会問題を解くひとつの鍵となる「社会における協力的な関係はいかにして成立するか」という問いに,ゲーム理論などの既存研究を総合

社会学
経済理論 > ゲーム理論

個別テーマの解説書

詳細を見る
○在庫あり
マイノリティ問題から考える社会学・入門

マイノリティ問題から考える社会学・入門 -- 差別をこえるために

西原 和久 (成城大学教授),杉本 学 (熊本学園大学准教授)/編

2021年4月発売
四六判 , 356ページ
定価 2,420円(本体 2,200円)
ISBN 978-4-641-17463-4

近代化の中で生じる社会問題のなかで,根強く残る現代的な課題が差別問題である。本書はさまざまなマイノリティ問題を取り上げつつ,社会学が問うべきその問題の論点を深め,学問的な議論の世界へと

社会学

入門書・概説書

詳細を見る
○在庫あり
新・消費社会論

新・消費社会論

間々田 孝夫 (立教大学名誉教授),藤岡 真之 (弘前学院大学准教授),水原 俊博 (信州大学教授),寺島 拓幸 (文京学院大学准教授)/著

2021年4月発売
A5判 , 280ページ
定価 2,750円(本体 2,500円)
ISBN 978-4-641-17461-0

消費社会論の分野で読まれ続けてきた定番テキストの新版化。近年注目されている「持続可能性」「リスク社会」と消費社会の関わりなどの現代的なテーマを新たに追加した。消費社会についての理解を深

社会学
社会学 > 社会学その他

やさしい入門書

詳細を見る
○在庫あり
「シカゴ学派」の社会学

「シカゴ学派」の社会学 -- 都市研究と社会理論

松本 康 (立教セカンドステージ大学兼任講師)/著

2021年4月発売
A5判 , 300ページ
定価 3,850円(本体 3,500円)
ISBN 978-4-641-17460-3

アメリカ社会学はシカゴで生まれた。近代化による大都市の勃興,そこで生じた都市問題を解決すべく大学で組織された「社会調査の専門家」が,時代とともに盛衰を経て,独自の理論的発展をとげていく

社会学

個別テーマの解説書

詳細を見る
○在庫あり
社会倫理学講義

社会倫理学講義
有斐閣アルマ > Basic

稲葉 振一郎 (明治学院大学教授)/著

2021年3月発売
四六判 , 290ページ
定価 2,090円(本体 1,900円)
ISBN 978-4-641-22174-1

ロボット・AIとの共存,動物との権利闘争は,人間がいかなる存在なのかを私たち自身にあらためて突きつけている。哲学,そして倫理学はそうした多種多様な問いに応えるべく文明の歩みとともに長く

哲学・思想
社会学 > 社会学その他

入門書・概説書

詳細を見る
○在庫あり
雇用関係と社会的不平等

雇用関係と社会的不平等 -- 産業的シティズンシップ形成・展開としての構造変動

今井 順 (上智大学教授)/著

2021年1月発売
A5判 , 374ページ
定価 5,940円(本体 5,400円)
ISBN 978-4-641-17458-0

1980年代半ば以降30年にわたる「雇用改革」は,雇用関係をどのように変え,社会的不平等と排除のパターンにどのような影響を与えたのか。「産業的シティズンシップ」に着目し,日本の正規雇用

社会学 > 労働社会学

詳細を見る
○在庫あり
都市に聴け

都市に聴け -- アーバン・スタディーズから読み解く東京

町村 敬志 (一橋大学特任教授)/著

2020年12月発売
四六判 , 358ページ
定価 3,190円(本体 2,900円)
ISBN 978-4-641-17452-8

再開発により大きく変貌しつつある東京を,「アーバン・スタディーズ」で読み解く。社会・政治・経済・文化など多様な出来事について,誰に対しても開かれる可能性をもった都市を今構想することへの

社会学

個別テーマの解説書

詳細を見る
○在庫あり
環境社会学研究

環境社会学研究
環境社会学研究 第26号

環境社会学会/編

2020年12月発売
B5判 , 192ページ
定価 2,750円(本体 2,500円)
ISBN 978-4-641-49962-1



社会学 > 環境社会学
環境 > 環境社会学

詳細を見る
○在庫あり
犯罪・非行の社会学

犯罪・非行の社会学 -- 常識をとらえなおす視座 補訂版
有斐閣ブックス

岡邊 健 (京都大学准教授)/編

2020年9月発売
A5判 , 320ページ
定価 2,860円(本体 2,600円)
ISBN 978-4-641-18453-4

初版から好評の入門テキストが最新データとともに更新。犯罪や非行が社会のなかにあることの意味やそのメカニズムを,気鋭の社会学者たちが解説。基礎的な考え方から研究法,データの読みとき方をて

社会学 > 社会学その他

入門書・概説書

詳細を見る
○在庫あり
BLの教科書

BLの教科書

堀 あきこ (関西大学非常勤講師),守 如子 (関西大学教授)/編

2020年7月発売
A5判 , 306ページ
定価 2,640円(本体 2,400円)
ISBN 978-4-641-17454-2

BL(ボーイズラブ)の歴史や研究の方法論,社会との関わりなどをジェンダー視点を重視して整理したBL研究入門。少年愛の時代からBLが一般的になった現在への変遷や,様々な形態のBLについて

社会学
社会学 > 女性学・男性学・ジェンダー
社会学 > メディア論
文学

入門書・概説書

詳細を見る
○在庫あり
問いからはじめる社会運動論

問いからはじめる社会運動論
有斐閣ストゥディア

濱西 栄司 (ノートルダム清心女子大学准教授),鈴木 彩加 (大阪大学招聘研究員),中根 多惠 (愛知県立芸術大学准教授),青木 聡子 (名古屋大学准教授),小杉 亮子 (日本学術振興会 特別研究員(PD))/著

2020年6月発売
A5判 , 236ページ
定価 2,200円(本体 2,000円)
ISBN 978-4-641-15077-5

気候サミットと世界中で呼応した若者のデモは記憶に新しい。社会運動が近年あらためて注目をあつめるものの,研究するにはどのような方法があるだろうか。本書では実際の研究足跡を追いつつ,いかに

社会学

入門書・概説書

詳細を見る
○在庫あり
ロビイングの政治社会学

ロビイングの政治社会学 -- NPO法制定・改正をめぐる政策過程と社会運動

原田 峻 (金城学院大学講師)/著

2020年4月発売
A5判 , 336ページ
定価 4,730円(本体 4,300円)
ISBN 978-4-641-17455-9

NPO法の成立・改正過程に注目し,そこに大きく影響した社会運動(ロビイング)の動きを,多様な関係者へのインタビューと豊富な文書資料をもとに分析した。ロビイングの存立(成功)条件・戦略と

社会学

詳細を見る
○在庫あり
社会運動の現在

社会運動の現在 -- 市民社会の声

長谷川 公一 (東北大学教授)/編

2020年1月発売
A5判 , 392ページ
定価 3,850円(本体 3,500円)
ISBN 978-4-641-17453-5

反原発,反ヘイトスピーチ,ハラスメント対策など,日本のさまざまな社会運動を総覧できる基本テキスト。具体的な事例の検討を通して,社会学のものの見方を提示するとともに,海外の事例と比較する

社会学

入門書・概説書

詳細を見る
○在庫あり
社会学

社会学 新版
New Liberal Arts Selection

長谷川 公一 (東北大学教授),浜 日出夫 (東京通信大学教授),藤村 正之 (上智大学教授),町村 敬志 (一橋大学教授)/著

2019年12月発売
A5判 , 602ページ
定価 3,850円(本体 3,500円)
ISBN 978-4-641-05389-2

初版刊行から12年。東日本大震災・福島原発事故,グローバル化の進展,ローカリティの復権,社会の分断と亀裂の強まりなど,さまざまな社会の変化と,社会学研究の進展を踏まえて,全面的に改訂し

社会学 > 社会学概論

基本書・体系書

詳細を見る
○在庫あり
環境社会学研究

環境社会学研究
環境社会学研究 第25号

環境社会学会/編

2019年12月発売
B5判 , 256ページ
定価 2,750円(本体 2,500円)
ISBN 978-4-641-49949-2



社会学 > 環境社会学
環境 > 環境社会学

詳細を見る
○在庫あり
21世紀家族へ

21世紀家族へ -- 家族の戦後体制の見かた・超えかた 第4版
有斐閣選書

落合 恵美子 (京都大学教授)/著

2019年10月発売
四六判 , 338ページ
定価 2,090円(本体 1,900円)
ISBN 978-4-641-28146-2

初版から四半世紀。日本の家族は変わったのか。「家族の戦後体制」は終わったのか。アジア諸国の家族も視野に入れながら,21世紀初頭の現実をとらえ,今後の展望につなげるために,新たに2章を書

社会学 > 家族社会学
社会学 > 女性学・男性学・ジェンダー

入門書・概説書

詳細を見る
○在庫あり
震災復興と展望

震災復興と展望 -- 持続可能な地域社会をめざして

舩橋 晴俊 (元法政大学教授),田中 重好 (尚絅学院大学教授),長谷川 公一 (東北大学教授)/監修
吉野 英岐 (岩手県立大学教授),加藤 眞義 (福島大学教授)/編

2019年8月発売
A5判 , 316ページ
定価 4,950円(本体 4,500円)
ISBN 978-4-641-17443-6

東日本大震災後,コミュニティと自治体の存続など課題は残り続けている。こうした未曽有の社会問題に対し,精力的な現地調査を行ってきた社会学の成果を世に問うシリーズ。第3巻は「復興」に焦点を

社会学

個別テーマの解説書

詳細を見る
○在庫あり
Page 1: 1-20/Total 115 1 2 3 4 5 次へ>
ページの先頭へ
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016