刑事訴訟法判例集 | 有斐閣
HOME > 詳細 > 刑事訴訟法判例集
同一ジャンルへ: 刑事訴訟法
刑事訴訟法判例集

刑事訴訟法判例集

裁判例を読み込む力をつける

松田 岳士 (大阪大学教授),宮木 康博 (名古屋大学教授)/編著


2023年09月発売
A5判並製カバー付 , 498ページ
定価 3,850円(本体 3,500円)
ISBN 978-4-641-13963-3
Judicial Precedents on Criminal Procedure

刑事訴訟法
補助教材

○在庫あり

ご購入はこちらから オンラインショップ

※「在庫あり」の商品でも,各ネット書店で在庫がない場合がございます。その場合は,最寄りの書店に直接ご注文ください。


刑事訴訟法の重要な裁判例を取り上げ,その意義や射程について丁寧な解説を施した基本判例集。各章冒頭で分野を概観し,刑事訴訟法の基礎を学ぶとともに,裁判例を読み込む力を磨くための一冊。刑事訴訟法を初めて学ぶ人へ,そしてさらに学びを深めたい人へ。

※電子書籍配信中!*電子書籍版を見る*

◆法学教室の「Book Information」コーナーにおいて,編集担当者が本書を紹介!!  →記事を読む
目次
序章 本書に掲載された判例の読み方──上訴制度との関係を中心に/第1章 職務質問とその付随行為/第2章 捜査に関する一般規範──強制処分法定主義,捜査比例の原則/第3章 捜索・差押え/第4章 逮捕・勾留/第5章 被疑者・被告人の取調べ/第6章 接見交通/第7章 公訴権の行使/第8章 起訴状における公訴事実の記載──訴因の特定・明示と予断排除/第9章 公訴の対象としうる事実の範囲──訴因変更の限界(可否)/第10章 公訴と審判の対象事実の関係──訴因変更の「要否」等/第11章 公判手続における裁判所と検察官の役割/第12章 被告人の防御活動/第13章 証拠開示と公判準備/第14章 公判審理に関する諸原則──迅速裁判,裁判の公開,証人審問権保障/第15章 刑事裁判所による違法捜査への対応──違法収集証拠排除法則,手続打切等/第16章 自白の排除法則と補強法則/第17章 伝聞法則/第18章 推認の許容性と証拠の関連性/第19章 事実認定──証明の必要・方法・程度/第20章 有罪判決における「罪となるべき事実」の判示/第21章 確定裁判の効力──拘束力と一事不再理/第22章 上訴・再審
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016