HOME > 詳細 > 新・消費社会論
同一ジャンルへ: 社会学
新・消費社会論

新・消費社会論

消費社会はどこへ行くのか?

間々田 孝夫 (立教大学名誉教授),藤岡 真之 (弘前学院大学准教授),水原 俊博 (信州大学教授),寺島 拓幸 (文京学院大学准教授)/著


2021年04月発売
A5判並製カバー付 , 280ページ
定価 2,750円(本体 2,500円)
ISBN 978-4-641-17461-0
Consumer Society Theory Revised edition

社会学
社会学 > 社会学その他
やさしい入門書

○在庫あり

ご購入はこちらから オンラインショップ

※「在庫あり」の商品でも,各ネット書店で在庫がない場合がございます。その場合は,最寄りの書店に直接ご注文ください。


消費社会論の分野で読まれ続けてきた定番テキストの新版化。近年注目されている「持続可能性」「リスク社会」と消費社会の関わりなどの現代的なテーマを新たに追加した。消費社会についての理解を深めて,今後の社会動向をつかむのに必携の1冊。

※電子書籍配信中!*電子書籍版を見る*
目次
序 章 消費社会への視点
第I部 消費社会の基本構造
 第1章 現代資本主義と消費社会
 第2章 消費社会を作るもの──広告と企業活動
 第3章 消費社会の諸問題
第II部 消費社会の変動
 第4章 消費社会の人間像
 第5章 消費文化のゆくえ
 第6章 リスク社会の到来と消費
 第7章 情報社会化の進行と消費
 第8章 環境問題の深刻化と消費社会
 第9章 持続可能な消費社会を目指して
 終 章 消費社会の将来に向けて
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016