HOME > 詳細 > 想像力・共感
同一ジャンルへ: 哲学・思想
想像力・共感

想像力・共感

哲学会年報 哲学雑誌 > 哲学会年報 哲学雑誌 125巻797号

哲学会/編


2010年09月発売
A5判並製 , 226ページ
定価 3,740円(本体 3,400円)
ISBN 978-4-641-17373-6


哲学・思想 > 哲学

この書籍には最新版があります。

最新版ページ

在庫なし

目次
‘sympathy’は「公共性」を導けるか──効用・共感・科学(有江大介)
情念の生成発展における共感の役割──ヒューム『人間本性論』第二巻において(井上治子)
〈負〉の共感について──おぞましさの反美学へ(長野順子)
想像力と共感──可能的なものの実在について(村瀬鋼)
デッサンの認識論に向けて(高橋克也)/想像と本質(吉田聡)
「自由は経験的に示すことが可能である」(伊古田理)
「方法の精神」としての唯物論──ホッブズにおける哲学と学知(scientia)(伊豆藏好美)
ウィトゲンシュタインの哲学的方法(大谷弘)
マルブランシュの感覚・知覚論──判断済みの感覚あるいは自然的判断理論(木田直人)
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016