HOME > 詳細 > 実務家のための逐条解説 新債権法
実務家のための逐条解説 新債権法

実務家のための逐条解説 新債権法

実務の羅針盤

大阪弁護士会民法改正問題特別委員会/編


2021年10月発売
A5判並製カバー付 , 780ページ
定価 6,930円(本体 6,300円)
ISBN 978-4-641-13853-7


民法一般
民法総則
債権総論
債権各論

○在庫あり

ご購入はこちらから オンラインショップ

※「在庫あり」の商品でも,各ネット書店で在庫がない場合がございます。その場合は,最寄りの書店に直接ご注文ください。


大阪弁護士会が会員を対象に開催した連続講座の内容を基礎とする逐条解説書。改正のポイントを示した上で,実務への影響,経過措置にも重点を置きつつ,要点を明快に示す。法制審議会での議論をはじめとする,改正内容確定に至る経緯などをまとめたコラムも必読。
目次
第1章 民法総則 意思能力・行為能力・物/公序良俗/意思表示/代理/無効及び取消し/条件及び期限/消滅時効
第2章 債権総則 債権の目的/債権の効力(債務不履行の責任等,債権者代位権,詐害行為取消権)/多数当事者の債権及び債務/保証/債権譲渡/債務引受/弁済/相殺/更改/有価証券
第3章 契約総則 契約の成立/契約の解釈/同時履行の抗弁/危険負担/第三者のためにする契約/契約上の地位の移転/契約の解除/定型約款
第4章 契約各則 贈与/売買/契約不適合に関する期間制限/消費貸借/使用貸借/賃貸借/雇用/請負/委任/寄託/組合
第5章 経過措置
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016