HOME > 詳細 > オリエンテーション民法

オリエンテーション民法

これ一冊で民法すべてがあなたのものに!

松久 三四彦 (北海学園大学教授),遠山 純弘 (法政大学教授),林 誠司 (北海道大学教授)/著


2018年12月発売
四六判並製カバー付 , 420ページ
定価 2,700円(本体 2,500円)
ISBN 978-4-641-13787-5
Guidance for Civil Law

民法一般
民法総則
物権法
債権総論
債権各論
やさしい入門書

○在庫あり

民法を無理なく学んでいける道案内する入門書。法律の教科書とは思えないくらいやさしい言葉で中学生でも読めるよう工夫を凝らした。民法総則から家族法までの主要論点が網羅されているので,初学者にとって最適。2017年債権法改正および2018年相続法改正など最新の法改正に対応。

※電子書籍配信中!*電子書籍版を見る*

◆法学教室の「Book Information」コーナーにおいて,編集担当者が本書を紹介!!  →記事を読む
目次
第1部 ようこそ民法の世界へ
第2部 財産法を学ぶ
 第1章 広大な財産法の世界への旅──財産法の話をはじめるにあたって
 第2章 あなたが主人公です──権利・義務の主体
 第3章 契約が有効に成立するには──客観的・主観的有効要件,代理
 第4章 契約はどのように実現されるか──契約の効力,債権の消滅
 第5章 契約トラブル解決アラカルト──債務不履行
 第6章 しっかり債権回収──債権の対外的効力,担保
 第7章 所有権を守るには──物権的請求権,占有,物権変動
 第8章 事件・事故の後始末は──不法行為とその周辺
第3部 家族法を学ぶ
 第9章 法律からみた家族関係──親族法
 第10章 家族間での財産の引継ぎ──相続法
第4部 まとめ

書評等

※『法学セミナー』2019年4月号の「新刊ガイド」に掲載されました。

Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016