HOME > 詳細 > 財政思想史
財政思想史

【オンデマンド】 財政思想史

著者畢生の労作

池上 惇 (福井県立大学教授)/著


1999年07月発売
A5判上製カバー付 , 378ページ
オンデマンド定価 10,340円(本体 9,400円)
オンデマンドISBN 4-641-91518-0
(原本ISBN 4-641-16061-9)



経済学史・社会思想史 > 経済学史
経済学史・社会思想史 > 経済思想史
財政・公共経済学

オンデマンドで対応
> オンデマンドとは
買い物カゴに入れる

*2019年9月オンデマンド対応。
勤労を基礎とし自由な人格を尊重したアダム・スミスを出発点とし,正義と市場経済の発展とともに変化を遂げてきた財政思想のトータルな歩みに内在し,かつそれらを俯瞰して現在の到達点を描き,21世紀の新しい展開を構想する。著者の半生をかけた財政学研究を集大成。
目次
《主な目次》
第1部 古典経済学の財政思想
 第1章 アダム・スミスの財政思想/第2章 古典派財政思想の継承と分化――スミスからリカードゥ,ミルへの展開過程
第2部 ケンブリッジ学派の財政思想
 第3章 マーシャルの外部経済と公共財の理論/第4章 社会的費用論から所得の再分配政策へ――ピグーの厚生経済学から見た財政思想/第5章 ケインズ財政政策論における潜在的な富
第3部 スウェーデン学派と現代財政思想
 第6章 ヴィクセルの財政思想/第7章 現代財政思想の二大潮流と文化経済学派――マスグレイブ,ブキャナン,ピーコック
第4部 現代財政学の課題と展望――分権型財政を中心にして
 第8章 財政社会学の思想――シュンペーターとゴルトシャイトの財政思想/第9章 フェビアン派の財政思想――ウェッブからコールへ/終章 分権型財政システムよりみた福祉経済学の評価
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016