HOME > 詳細 > 労働法の基軸 -- 学者五十年の思惟
同一ジャンルへ: 労働法

労働法の基軸 -- 学者五十年の思惟

菅野労働法学の軌跡

菅野 和夫 (東京大学名誉教授)/著
岩村 正彦 (東京大学名誉教授),荒木 尚志 (東京大学教授)/聞き手


2020年05月発売
四六判上製カバー付 , 396ページ
定価 4,180円(本体 3,800円)
ISBN 978-4-641-24322-4


労働法

○在庫あり

ご購入はこちらから オンラインショップ

※「在庫あり」の商品でも,各ネット書店で在庫がない場合がございます。その場合は,最寄りの書店に直接ご注文ください。


長く労働法学を牽引してきた著者の軌跡をインタビュー形式でまとめた一冊。学者として50年,労働法の研究と実践の日々の中で,いかに歩を進め,携わり,思考を重ねてきたか。その重みは,現代,そして次代へのかけがえのないメッセージとなる。

◆法学教室の「Book Information」コーナーにおいて,編集担当者が本書を紹介!!  →記事を読む
目次
第1章 ふるさとから東京へ
第2章 労働法学へ
第3章 菅野労働法学
第4章 労働政策への関わり
第5章 労働委員会での労使紛争処理
第6章 国際人として
第7章 大学人として
第8章 JILPTの調査研究に参加して
第9章 研究者生活を通じて
終 章 労働法五十年の変化をみつめて
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016