HOME > 詳細 > 租税法の過去・現在・未来
同一ジャンルへ: 租税法
租税法の過去・現在・未来

租税法の過去・現在・未来

租税法学会年報

租税法研究 第50号

租税法学会/編


2022年07月発売
A5判並製 , 310ページ
定価 5,720円(本体 5,200円)
ISBN 978-4-641-22836-8


租税法

○在庫あり

ご購入はこちらから オンラインショップ

※「在庫あり」の商品でも,各ネット書店で在庫がない場合がございます。その場合は,最寄りの書店に直接ご注文ください。


目次
【記念講演】弁護士の専門化と最高裁(宮崎裕子)
【記念報告】国際課税の地殻変動(渕圭吾)
【論説・分科会記録】
「租税法の過去」:課税庁による通達によらない財産評価(倉見智亮)
納税者による通達によらない財産評価(加藤友佳)
分科会記録(奥谷健)
組織再編税制における租税回避──個別的否認規定の観点から(長戸貴之)
組織再編税制における租税回避──素朴な経済合理性基準から洗練された濫用基準へ(今村隆)
分科会記録(酒井貴子)

「租税法の現在」:法人税法22条4項における「一般に公正妥当と認められる会計処理の基準」の解釈(安井栄二)
企業利益と課税所得の現在地──その結合と乖離(田中晶国)
分科会記録(髙橋祐介)
租税情報の取扱いにおける日本の現状(中尾真和)
租税情報の取扱いにおける国際的状況(漆さき)
分科会記録(今本啓介)

「租税法の未来」:金融所得課税の今後の展望と課題──所得課税を中心に(山田麻未)
資金調達と税制のこれから──ICOやIEOに対する法人税課税を検討対象として(藤間大順)
分科会記録(辻美枝)
コンピュータサイエンスの観点から(小塚真啓)
租税法学の観点から(藤岡祐治)
分科会記録(手塚貴大)
【学界展望】租税法学会の動向(本部勝大)
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016