HOME > 詳細 > 租税法律主義の総合的検討
同一ジャンルへ: 租税法
租税法律主義の総合的検討

租税法律主義の総合的検討

租税法の最重要原則をひもとく10章

中里 実 (東京大学名誉教授),藤谷 武史 (東京大学教授)/編著


2021年12月発売
A5判上製カバー付 , 382ページ
定価 7,700円(本体 7,000円)
ISBN 978-4-641-22808-5
A Comprehensive Study of The Principle of Statute-Based Taxation in Japan

租税法

○在庫あり

ご購入はこちらから オンラインショップ

※「在庫あり」の商品でも,各ネット書店で在庫がない場合がございます。その場合は,最寄りの書店に直接ご注文ください。


「租税法律主義」という租税法の最重要原則について,法の解釈にとどまらず,経済分析・歴史研究・国際動向から多面的にアプローチし,租税法の定立と適用のための実践的理論を提示することを目指した。『フィナンシャル・レビュー』誌の特集を単行本化。

※電子書籍配信中!*電子書籍版を見る*
目次
 序 章 租税法律主義の総合的検討の必要性…藤谷武史
第1編 租税法律主義の現状分析
 第1章 租税法律による命令への委任の司法統制のあり方──現状と評価…佐藤英明
 第2章 租税法規による他の法令への準拠…渋谷雅弘
 第3章 租税法律主義と「遡及立法」…渕 圭吾
 第4章 「分野を限定しない一般的否認規定(GAAR)」と租税法律主義…長戸貴之
第2編 租税法律主義の機能分析
 第5章 暫定的推計的課税…浅妻章如
 第6章 税務執行の不確実性と納税者行動──租税法律主義の機能…神山弘行
第3編 租税法律主義の国際的側面
 第7章 租税条約の締結に対する国会の関与…増井良啓
 第8章 税制の地域統合・国際的調和と租税法律主義…吉村政穂
第4編 歴史と比較の中の租税法律主義
 第9章 租税法の解釈原理の論拠としての「租税法律主義」──国際比較の観点から…藤谷武史
 第10章 租税法律主義の歴史的基礎…中里 実
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016