HOME > 詳細 > 新しい教育評価入門 -- 人を育てる評価のために 増補版
同一ジャンルへ: 教育学
新しい教育評価入門

新しい教育評価入門 -- 人を育てる評価のために 増補版

教え導く立場の人必携の基本書 待望の増補版

西岡 加名恵 (京都大学教授),石井 英真 (京都大学准教授),田中 耕治 (京都大学名誉教授,佛教大学教授)/編


2022年03月発売
四六判並製カバー付 , 304ページ
定価 2,200円(本体 2,000円)
ISBN 978-4-641-17476-4
Introduction to Educational Assessment and Evaluation, 2nd ed.

教育学

○在庫あり

ご購入はこちらから オンラインショップ

※「在庫あり」の商品でも,各ネット書店で在庫がない場合がございます。その場合は,最寄りの書店に直接ご注文ください。


評価を変えれば,教育が変わる! 評価は単なる成績づけではない。成長を捉え,授業や学校をも改善する教育の営みそのものだ。評価論の全体像を体系的にコンパクトに学べます。2017・18年学習指導要領,19年指導要録,入試改革,GIGAスクール等,最新動向を増補。
目次
序 章 教育評価とは何か(西岡加名恵)
第1章 教育評価の立場──評価の物差しにはどんな違いがあるのか(石井英真)
第2章 教育評価の機能──何のために評価情報を用いるのか(二宮衆一)
第3章 教育目標と評価──何を目標とすればよいのか(石井英真)
第4章 学力評価の方法──評価の質をどう高めるのか(遠藤貴広・渡辺貴裕)
第5章 教育実践の改善──評価を指導にどう活かせばよいのか(西岡加名恵)
第6章 学校経営と評価──学校の教育活動をどう評価すればよいのか
 (赤沢早人・八田幸恵)
第7章 教育評価の制度──評価と社会はいかなる関係を取り結んできたのか
 (樋口太郎・樋口とみ子)
第8章 日本における教育評価の歴史──より豊かな評価を求めて
 (田中耕治・川地亜弥子)
巻末資料(年表):戦後学習指導要領の特徴/戦後児童指導要録の特徴
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016