HOME > 詳細 > 不利益分配の政治学 -- 地方自治体における政策廃止
同一ジャンルへ: 政治
不利益分配の政治学

不利益分配の政治学 -- 地方自治体における政策廃止

不利益をいかに分かち合うか

柳 至 (琉球大学准教授)/著


2018年09月発売
A5判上製カバー付 , 270ページ
定価 4,104円(本体 3,800円)
ISBN 978-4-641-14926-7


政治

○在庫あり
受賞 書評等

ご購入はこちらから オンラインショップ

※「在庫あり」の商品でも,各ネット書店で在庫がない場合がございます。その場合は,最寄りの書店に直接ご注文ください。


近年,膨大な財政赤字や人口減少を背景として,政策廃止という不利益の分配がなされようとしている。これまで起こりにくいとされてきた政策の廃止が,いかなる過程を経て実現したのかを,土地開発公社,自治体病院事業,ダム事業の事例を取り上げ,明らかにする。

※電子書籍配信中!*電子書籍版を見る*
目次
序 章 本書の目的──どのようにして不利益を分配するか
第1章 理論的枠組み
第2章 土地開発公社
第3章 自治体病院事業
第4章 ダム事業
終 章 不利益の分配過程

受賞

2019年度日本公共政策学会奨励賞

書評等

◆書斎の窓の「書評」にて,北山俊哉関西学院大学教授が本書を紹介しています。 →記事を読む
※『図書新聞』第3380号(2018年12月22日号)の「2018年下半期 読書アンケート」で取り上げられました。紹介者は,竹中佳彦・筑波大学教授。
※『沖縄タイムス』(2018年11月24日付)に書評が掲載されました。評者は,木寺元・明治大学准教授。

Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016