HOME > 詳細 > 安全保障の国際政治学 -- 焦りと傲り 第二版
同一ジャンルへ: 国際政治
安全保障の国際政治学

安全保障の国際政治学 -- 焦りと傲り 第二版

安全保障の根源を問う

土山 實男 (青山学院大学教授)/著


2014年04月発売
四六判上製カバー付 , 494ページ
定価 3,520円(本体 3,200円)
ISBN 978-4-641-14903-8
International Politics of Security: Anxiety and Hubris, 2nd ed.

国際政治 > 理論と方法
基本書・体系書

○在庫あり

ご購入はこちらから オンラインショップ

※「在庫あり」の商品でも,各ネット書店で在庫がない場合がございます。その場合は,最寄りの書店に直接ご注文ください。


なにゆえ国際政治学は,安全保障に多大な関心を寄せてきたのか。セキュリティ・ディレンマ,失う恐怖,抑止,核戦略,危機管理,同盟など,基礎となる概念や政策を,歴史的事象を事例に理論的に考察する。バランス・オブ・パワー論や戦争原因論を追加し全体を改訂。
目次
第二版まえがき
  初版まえがき
第1章 はじめにツキュディデスありき
第2章 アナーキーという秩序
第3章 安全保障
第4章 セキュリテイ・ディレンマ
第5章 失う恐怖の国際理論
第6章 抑止のディレンマと抑止失敗
第7章 核戦略と現代の苦悩
第8章 国際危機と危機管理
第9章 なぜ同盟は形成され,存続するのか
第10章 未来からの教訓─同盟が終わるとき
第11章 バランス・オブ・パワー《新規》
第12章 戦争はなぜ起こるのか《新規》
終 章 国際政治の悲劇を避けられるか
《新規》
  第二版あとがき
  初版あとがき
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016