HOME > 詳細 > 金融機関の私企業性と公益性 -- 銀行規制法と会社法の交錯
同一ジャンルへ: 会社法
金融機関の私企業性と公益性

金融機関の私企業性と公益性 -- 銀行規制法と会社法の交錯

川口 恭弘 (同志社大学教授)/著


2022年04月発売
A5判上製カバー付 , 342ページ
定価 7,700円(本体 7,000円)
ISBN 978-4-641-13888-9


会社法

○在庫あり

ご購入はこちらから オンラインショップ

※「在庫あり」の商品でも,各ネット書店で在庫がない場合がございます。その場合は,最寄りの書店に直接ご注文ください。


銀行業務には「銀行業の公益性」と「株式会社の私企業性」が鋭く対立する。銀行の公益性を踏まえた上で,営利性をどの範囲まで許容するのかは,緊急の政策課題である。本書は銀行の私企業性と公益性の交錯問題について,はじめて法的な視点から体系的に論じる。
目次
第1章 株式会社の営利性と公益性
第2章 銀行業の公益性──銀行法の目的規定を手掛かりに
第3章 銀行法における株式会社法制
第4章 銀行と証券の分離規制(その1)──銀行本体の規制
第5章 銀行と証券の分離規制(その2)──子会社・持株会社の規制
第6章 銀行と証券の分離規制(その3)──アメリカにおける規制
第7章 銀行の株式および議決権の保有規制
第8章 金融業務の仲介業者の規制
第9章 セーフティネット
終 章
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016