HOME > 詳細 > 類型別独禁民事訴訟の実務
類型別独禁民事訴訟の実務

類型別独禁民事訴訟の実務

訴訟実務における独禁法の「使い方」

長澤 哲也 (弁護士(弁護士法人大江橋法律事務所)),多田 敏明 (弁護士(日比谷総合法律事務所))/編著


2021年05月発売
A5判並製カバー付 , 434ページ
定価 4,180円(本体 3,800円)
ISBN 978-4-641-13856-8


民事訴訟法
経済法
経済法 > 企業法・独占禁止法 > 独占禁止法

○在庫あり

ご購入はこちらから オンラインショップ

※「在庫あり」の商品でも,各ネット書店で在庫がない場合がございます。その場合は,最寄りの書店に直接ご注文ください。


民事訴訟において,独禁法違反を理由として私人の利益侵害の救済を求める場合,具体的にどのようなアプローチをとり,どのような点に留意すべきか。独禁法と民法に基づく各請求を念頭に,具体的手段,要件,主張立証の要点等を,行為類型別に明快に解説する。
目次
第1章 総説〔長澤哲也〕
第2章 不当な取引制限〔谷本誠司〕
第3章 排他的取引以外の垂直的制限(ブランド内競争制限)〔植村幸也〕
第4章 排他的取引〔外崎友隆〕
第5章 取引拒絶・差別取扱い〔石井崇・木田晃一〕
第6章 低価格販売〔多田敏明〕
第7章 競争者の事業活動の妨害〔小田勇一・森本祐介〕
第8章 優越的地位の濫用〔酒匂景範〕
第9章 需要者の選択を歪める行為〔佐川聡洋〕
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016