HOME > 詳細 > 防災・減災の法務 -- 事業継続のために何をすべきか
防災・減災の法務

防災・減災の法務 -- 事業継続のために何をすべきか

「BCP」という言葉をご存じですか?

中野 明安 (弁護士(丸の内総合法律事務所)),津久井 進 (弁護士(芦屋西宮市民法律事務所))/編
岡本 正 (弁護士(銀座パートナーズ法律事務所)),今田 健太郎 (弁護士(弁護士法人あすか東広島事務所)),舘山 史明 (弁護士(舘山法律事務所)),岩渕 健彦 (弁護士(エール法律事務所)),野村 裕 (弁護士(のぞみ総合法律事務所)),永野 海 (弁護士(中央法律事務所))/著


2021年03月発売
A5判並製カバー付 , 364ページ
定価 3,850円(本体 3,500円)
ISBN 978-4-641-13852-0


民法一般
会社法
破産・倒産法
労働法
中小企業

○在庫あり
書評等 訂正情報

ご購入はこちらから オンラインショップ

※「在庫あり」の商品でも,各ネット書店で在庫がない場合がございます。その場合は,最寄りの書店に直接ご注文ください。


自然災害から企業を,従業員を,お客様を守りたい,でもどんな対策をすればいいのかわからない──そのような悩みを持つ中小事業者に向けて,災害法務に精通した弁護士が,事前の備えと災害発生後の対応について,法的根拠を示しながら,具体的に提案します。

◆書斎の窓の「自著を語る」コーナーにて,著者が本書を紹介しています。 →記事を読む

◆法学教室の「Book Information」コーナーにおいて,編集担当者が本書を紹介!!  →記事を読む
目次
第1部 災害法務の視点
 第1章 BCPへの理解と人材育成
第2部 場面別 災害対応の法律問題
 第2章 従業員・労働者との関係
 第3章 株主・オーナー経営者との関係
 第4章 取引先・顧客との関係
 第5章 近隣・来場者・地域との関係
 第6章 事業の再生
 第7章 企業以外の組織における対応
 第8章 企業をとりまく人々との連携
第3部 災害法務の実践
 第9章 BCPの策定
資料編

書評等

※『会社法務A2Z』2021年5月号の「良品10選」に掲載されました。
※株式会社HRビジョンのウェブサイト「日本の人事部」で紹介されました。→記事を読む(「日本の人事部」にジャンプします)

訂正情報

本書第1刷に以下の誤りがありました。
お詫びして訂正いたします。

・第7章 227ページ 1行目
    (誤)津波時の避難場所として指定されていなかったが………
    (正)津波時の避難場所として指定されていたが………

Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016