HOME > 詳細 > 広がる民法5 学説解読編 公論の空間を発見する
同一ジャンルへ: 民法一般
広がる民法5 学説解読編

広がる民法5 学説解読編 公論の空間を発見する

法学なしに法はありうるか?

大村 敦志 (学習院大学教授)/著


2020年09月発売
A5判並製カバー付 , 394ページ
定価 4,290円(本体 3,900円)
ISBN 978-4-641-13829-2
Droit civil en expansion, tome 5, Decouvrir I'espace doctrinale

民法一般

○在庫あり

ご購入はこちらから オンラインショップ

※「在庫あり」の商品でも,各ネット書店で在庫がない場合がございます。その場合は,最寄りの書店に直接ご注文ください。


法と密接不可分の関係にある法学における「学説」の議論を追うことにより,法的な思考様式の諸側面を示していく。学説という議論空間を注意深くみることで,民法の理解をさらに豊かなものとする。法や法学のあり方について考える際の手がかりとしても最適。
目次
序 章 基本概念─行為と組織
 1 民法と民法学──民法を学ぶのか,民法学を学ぶのか
 2 ロースクール教育と法学部教育──何を目指すべきか
第1章 基本概念─行為と阻止区
 3 法律行為と法秩序──何が規範を創りだすか
 4 時効の存在理由──時効制度をいかに説明するか
 5 法人とは何か──民法に規定は不要か
第2章 人と家族─主体と支援
 6 嫡出推定──何のための制度か
 7 内縁──婚姻はどうなるのか
 8 成年後見・扶養──家族の限界はどこにあるのか
第3章 物権・不法行為─支配と救済
 9 物権変動の法的構成──何が問題なのか
 10 過失と違法──何のための議論か
 11 損害──もうひとつの不法行為法へ
第4章 債権・契約─交換と実現
 12 債務の構造──債権法学説は何を目指したのか
 13 瑕疵担保──契約法学説は何を目指すか
 14 不動産賃借権──時代の変遷とともに
 15 債権譲渡──債権の財産化
 16 債権者代位権・詐害行為取消権──変遷する制度趣旨
第5章 担保・相続─安定と継続
 17 抵当権と利用権──近代的抵当権論をめぐって
 18 遺言による相続──なぜ遺言は増えているのか
補 章 法学の方法─参与と観察
 19 法解釈の意義と方法──法律家は何をしているのか
 20 法律学の対象と方法──法学者は何をしているのか
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016