HOME > 詳細 > 信託法 第4版
同一ジャンルへ: 民法一般
信託法

信託法 第4版

信託の担い手・利用者,必携の書

新井 誠 (中央大学教授)/著


2014年03月発売
A5判上製カバー付 , 654ページ
定価 4,950円(本体 4,500円)
ISBN 978-4-641-13666-3
The Law of Trust in Japan: 4th edition

民法一般 > 民事特別法 > 信託法・土地信託
個別テーマの解説書

○在庫あり

ご購入はこちらから オンラインショップ

※「在庫あり」の商品でも,各ネット書店で在庫がない場合がございます。その場合は,最寄りの書店に直接ご注文ください。


平成18年に制定された信託法の本格的体系書。信託業法や信託兼営法等の解説も含め,複雑・難解な信託の全体像を平易に解説し,今後の展望も明らかにする。第4版では,新信託法が施行された後の状況を織り込み,判例も充実させた。
目次
第1編 信託の基礎
 第1章 信託制度および信託法制の沿革
 第2章 信託の基本構造
 第3章 信託制度の機能─多様性と独自性
第2編 信託法の理論
 第4章 信託行為の特殊性
 第5章 信託関係人
 第6章 受託者の義務と権利
 第7章 信託財産と対抗要件
 第8章 信託の変更,併合および分割
 第9章 信託の終了と清算
 第10章 新しい信託類型
第3編 信託の展開
 第11章 公益信託
 第12章 流動化・証券化および商事目的のための信託
 第13章 高齢化社会における信託の活用
《巻末資料》信託法/公益信託ニ関スル法律/信託法〔旧〕/信託法新旧条数対照表/信託業法〔抄〕
 /金融機関の信託業務の兼営等に関する法律〔抄〕
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016