HOME > 詳細 > 民法学雑纂 -- 平井宜雄著作集3
同一ジャンルへ: 民法一般
民法学雑纂

民法学雑纂 -- 平井宜雄著作集3

平井 宜雄 (専修大学法科大学院教授)/著


2011年04月発売
A5判上製箱入 , 454ページ
定価 8,360円(本体 7,600円)
ISBN 978-4-641-13589-5
Miscellaneous Essays on Civil Law

民法一般

在庫なし

著者の長年の研究の集大成となる著作集。第3巻では,前2巻に収録されなかった重要な論考を収録する。具体的な問題が生じた場合,1巻で示された法解釈手法ではどのような解決になるのかが示され,各巻に通底する理論への理解が深まる1冊。
目次
債務不履行責任の範囲に関する法的構成──民法第416条を中心として
損害賠償額算定の「基準時」に関する一考察──債務不履行責任を中心として
いわゆる「身分法」および「身分行為」の概念に関する一考察
幼児の引渡請求に関する一覚書
債権者代位権の理論的位置──解約返戻金支払請求権の差押および代位請求を手がかりとして
不動産の二重譲渡と詐害行為──action paulienneへの回帰を意図して
いわゆる継続的契約に関する一考察──「『市場と組織』の法理論」の観点から
不動産取引と不動産市場の特質
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016