HOME > 詳細 > 信託の実務と理論
同一ジャンルへ: 民法一般
信託の実務と理論

信託の実務と理論

新信託法における実務と理論の交錯

能見 善久 (学習院大学教授)/編


2009年12月発売
A5判上製カバー付 , 216ページ
定価 4,290円(本体 3,900円)
ISBN 978-4-641-13552-9


民法一般 > 民事特別法 > 信託法・土地信託

○在庫あり

ご購入はこちらから オンラインショップ

※「在庫あり」の商品でも,各ネット書店で在庫がない場合がございます。その場合は,最寄りの書店に直接ご注文ください。


新信託法の施行から2年あまり経ち,信託が活用される場面は様々に拡がっている。本書は新信託法における実務上の重要なテーマ・スキームについて実務家と学者が共同で理論的実証を試みる。信託に携わる実務家・研究者,必読の書。
目次
第1章 企業年金(竹本 博/能見善久)
第2章 担保目的の信託(鈴木秀昭/沖野眞已)
第3章 パーソナルトラスト(星田 寛/道垣内弘人)
第4章 金銭債権流動化(伊藤 勝/神作裕之)
第5章 不動産管理処分信託(拝原宏明/藤田友敬)
第6章 競合行為(友松義信/神作裕之)
第7章 職務分掌型共同受託(吉谷 晋/道垣内弘人)
第8章 信託の終了・清算(拝原宏明/沖野眞已)
第9章 信託債権の相殺(福井 修/藤田友敬)
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016