HOME > 詳細 > 行政法執行システムの法理論
同一ジャンルへ: 行政法
行政法執行システムの法理論

行政法執行システムの法理論

現代行政法学の基本課題に迫る

関西学院大学研究叢書 > 関西学院大学研究叢書 144

曽和 俊文 (関西学院大学教授)/著


2011年04月発売
A5判上製カバー付 , 346ページ
定価 6,820円(本体 6,200円)
ISBN 978-4-641-13070-8
The Theory of the Administrative Law Enforcement

行政法 > 行政行為・行政過程

○在庫あり

ご購入はこちらから オンラインショップ

※「在庫あり」の商品でも,各ネット書店で在庫がない場合がございます。その場合は,最寄りの書店に直接ご注文ください。


行政の実効性確保をめぐる問題を「行政法執行システム」論としてとらえ直し,制度の在り方を原理的に考察した諸論文の集大成。シビルペナルティについての総合的研究を新たに書き下ろし論文として収録した。現代行政法学の基本課題に迫る注目の研究書。
目次
序 章 行政法執行システムの史的展開
第1部 シビルペナルティによる法執行
 第1章 経済的手法による強制
 第2章 シビルペナルティをめぐる法的諸問題
 第3章 行政手続と刑事手続の交錯
第2部 民事訴訟による法執行
 第4章 行政上の義務の司法的執行
 第5章 地方公共団体の訴訟
第3部 環境行政における法執行
 第6章 環境規制の新展開と協調的法執行
 第7章 アメリカにおける環境規制の新動向
 補 章 「行政法執行システム論」への補論
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016