HOME > 詳細 > 法解釈の方法論 -- その諸相と展望
法解釈の方法論

法解釈の方法論 -- その諸相と展望

そこに“統一理論”はあるか

山本 敬三 (京都大学教授),中川 丈久 (神戸大学教授)/編


2021年03月発売
A5判上製カバー付 , 446ページ
定価 6,600円(本体 6,000円)
ISBN 978-4-641-12614-5
Legal Interpretation: Current Aspects and Future Prospects

法学・法律問題一般 > 法の解釈

○在庫あり

ご購入はこちらから オンラインショップ

※「在庫あり」の商品でも,各ネット書店で在庫がない場合がございます。その場合は,最寄りの書店に直接ご注文ください。


法解釈の方法はそれぞれの法分野で独自に展開しており,他の法分野からは見通すことが難しい。本書では「最高裁の法解釈方法の評価」「法解釈方法の現状と将来像」を軸に分野ごとの法解釈方法を分析する。『民商法雑誌』の特集に,書き下ろし論文を加えて単行本化。

◆法学教室の「Book Information」コーナーにおいて,編集担当者が本書を紹介!!  →記事を読む
目次
序 章――プロローグ
 未来志向の法解釈(亀本 洋)
第一章 法解釈の方法論
 日本における民法解釈方法論の変遷とその特質(山本敬三)
 行政法解釈の方法――最高裁判例にみるその動態(中川丈久)
 経済法解釈の特徴について――競争法におけるルールとスタンダード(川濵 昇)
 商法学における法解釈の方法(田中 亘)
第二章 経済分析による法解釈の可視化
 判例に見る知的財産法解釈方法論と政策形成(前田 健)
 国際私法解釈論に関する若干の考察――判例分析をとおして(河野俊行)
 刑事訴訟法解釈の方法(稻谷龍彦)
第三章 法分野固有の解釈指針
 民事訴訟法の分野における解釈方法論(垣内秀介)
 労働法における法解釈の方法に関する覚書(山川隆一)
 最高裁判例に見る租税法規の解釈手法(佐藤英明)
 刑法の解釈方法と判例(品田智史)
終章――エピローグ
 最高裁の憲法解釈方法に関する一考察――なぜ審査基準論を採るべきか(淺野博宣)
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016