HOME > 詳細 > 憲法 III -- 憲法が保障する権利
同一ジャンルへ: 憲法
憲法 III

【オンデマンド】 憲法 III -- 憲法が保障する権利

有斐閣法学叢書 > 有斐閣法学叢書 10

奥平 康弘/著


1993年05月発売
A5判 , 488ページ
オンデマンド定価 11,664円(本体 10,800円)
オンデマンドISBN 4-641-90508-8
(原本ISBN 4-641-03173-8)



憲法

オンデマンドで対応
> オンデマンドとは
買い物カゴに入れる

*2005年8月オンデマンド対応。
日本国憲法が保障する権利とはどんなものか、どのように保障されているのか。この分野の第一人者である著者が権利保障の体系を示す。
目次
《主な目次》
「憲法が保障する権利」のための序章:「基本的人権」の観念をめぐって
第1章 日本国憲法が保障する権利の見取図
第2章 権利が及ぶ人的範囲:天皇・皇族,こども他
第3章 憲法における外国人
第4章 私的法律関係と憲法
第5章 個人・権利・制度
第6章 「等しいものは等しく扱う」ということについて:その権利問題を中心に
第7章 公正としての“法”とそれが果たす権利保障
第8章 精神活動に関する自由と権利
第9章 経済生活における自由と権利
第10章 生存権と教育を受ける諸権利
第11章 勤労の権利・義務その他
第12章 労働者の三権
第13章 刑事を中心とした手続に関する権利
第14章 裁判を受ける権利と補償を求める権利
第15章 政治決定に参加する権利
第16章 環境権その他「新しい権利」のコンセプト
第17章 憲法上の義務について
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016