HOME > 詳細 > 地域間格差の財政分析
地域間格差の財政分析

地域間格差の財政分析

関西学院大学経済学研究叢書 > 関西学院大学経済学研究叢書 31

高林 喜久生 (関西学院大学教授)/著


2005年02月発売
A5判上製カバー付 , 248ページ
定価 4,968円(本体 4,600円)
ISBN 4-641-19964-7


財政・公共経済学

在庫なし

財政力の地域間格差は何によるのか。現在得られる数量データを駆使して実態を計量的に分析し,いかなる格差緩和策が望ましいかを追究した,地方財政研究の画期的な労作。財政投融資や公的金融などの財政調整の政策効果の分析など,地方分権のための理論的視座を提供する。
目次
序 章 地域間格差と格差縮小政策
第1章 税収の地域間格差と税源配分
第2章 地方税収の地域間格差──全国都市データによる分析
第3章 市町村民税・固定資産税の地域間格差──大阪府下市町村データによる分析
第4章 地方財政調整──市町村データによる分析
第5章 公的金融と財政投融資──地域間格差の観点から
第5章補論 郵便局と民間金融機関の店舗配置──地域データによる分析
第6章 公共投資の地域間配分──1995年地域間産業連関表による分析
第7章 学校給食再考
第8章 学校給食のデータ分析
第9章 道路建設の受益と負担
第10章 地域経済計量モデルによる公共投資のシミュレーション分析
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016