HOME > 詳細 > 担保物権法 -- 有斐閣法学叢書2 第4版
同一ジャンルへ: 物権法
担保物権法

担保物権法 -- 有斐閣法学叢書2 第4版

民法現代用語化に対応,信頼の教科書の最新版

有斐閣法学叢書 > 有斐閣法学叢書 2

高木 多喜男 (大阪学院大学教授)/著


2005年07月発売
A5判上製カバー付 , 416ページ
定価 4,212円(本体 3,900円)
ISBN 4-641-13393-X


物権法 > 担保物権
基本書・体系書

在庫なし

著者の長年の研究成果に裏打ちされた定評ある体系的教科書。平成15年の担保法改正を中心に大幅な加筆・修正を行い,会社更生法,破産法,不動産登記法等の関連法改正や,民法の現代用語化にも対応した。最近の重要判例も多数追加した最新第4版。
目次
第1章 序 説
第2章 留置権
第3章 先取特権
第4章 質 権
第5章 抵当権
 第1節 序 説
 第2節 抵当権の設定
 第3節 抵当権の効力の及ぶ範囲
 第4節 抵当権の侵害と抵当権の効力
 第5節 優先弁済的効力
 第6節 抵当権と用益権
 第7節 第三取得者の地位
 第8節 抵当権の処分
 第9節 共同抵当
 第10節 根抵当
 第11節 抵当権の消滅
 第12節 特別法上の抵当制度
第6章 権利取得型非典型担保
 第1節 序 説
 第2節 仮登記担保
 第3節 譲渡担保
 第4節 所有権留保
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016