HOME > 詳細 > もう一つの日米関係史 -- 紛争と協調のなかの日系アメリカ人
同一ジャンルへ: 国際政治
もう一つの日米関係史

もう一つの日米関係史 -- 紛争と協調のなかの日系アメリカ人

日米の新しい懸け橋

飯野 正子 (津田塾大学教授)/著


2000年03月発売
四六判上製カバー付 , 268ページ
定価 2,160円(本体 2,000円)
ISBN 4-641-07628-6


国際政治 > 国際政治史・国際関係史

在庫なし

日米関係の変化の中で,日系人は自分と日本との絆をどのようにみてきたのか。アメリカへ入国した日本人移民や日系アメリカ人の置かれた状況・立場の変化をとおして,19世紀後半から最近までの日米関係を描き出す。
目次
《主な目次》
序 章 日系アメリカ人と日米関係
第1章 アメリカへ向かった日本人移民
 初期の日本人移民/排日運動/1924年移民法制定に向かって/移民法成立の後
第2章 太平洋戦争と日系人
 背景――1930年代の日米関係と移民問題/日系人立ち退きの決定/忠誠心を問われて/一世と二世
第3章 日系人の戦後――再定住とララ物資
 再定住計画/「ララ」救援物資/日本との絆
第4章 「モデル・マイノリティ」のイメージと「日本たたき」
「モデル・マイノリティ」としての日系人/リドレス運動/「日本たたき」
第5章 最近の日系人――日米の懸け橋に
「汎アジア系」の意識/「日米の懸け橋」に
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016