HOME > 詳細 > 労働保護法の研究/外尾健一先生古稀記念
同一ジャンルへ: 労働法
労働保護法の研究/外尾健一先生古稀記念

労働保護法の研究/外尾健一先生古稀記念

伊藤 博義保原 喜志夫山口 浩一郎/編


1994年03月発売
A5判 , 510ページ
定価 11,000円(本体 10,000円)
ISBN 4-641-04429-5


労働法

在庫なし

次々と新しい学説を打ち出された外尾健一先生の古稀を記念して,労働時間制の改革,労働契約法制の見直し,男女平等の新しい動きなど,学界の関心を集めている労働保護法の諸問題について,珠玉の論稿を献呈する。
目次
《主な目次》
【総論】
労働基準法の二面性と解釈の方法=西谷 敏
労働保護法と「労働者代表」制=籾井常喜
障害者の労働権侵害と国家賠償=松林和夫
【労働契約】
派遣労働の実態と二重の労働契約論=砂山克彦
短期労働契約の更新と公務員=高木紘一・村上一美
整理解雇と説明・協議義務=今野順夫
労働契約の合意解約と労働者の意思表示=高木龍一郎
定年延長=伊藤博義
英国における労働条件の一方的変更=小宮文人
【労働時間】
ホワイトカラーの労働時間規制問題=山本吉人
フレックスタイム制の位相=水野 勝
年次有給休暇の法的構造=山口浩一郎
船員労働と労働時間の短縮=照井 敬
【賃金】
従業員給付をめぐる法的問題状況=国武輝久
「男女同一賃金の原則」の発展とその限界=水谷英夫
同一価値労働と男女間賃金差の「正当事由」=浅倉むつ子
在米日系企業に対する雇用差別訴訟=林 弘子
【労働災害・安全衛生】
労災防止と安全衛生義務=坂本重雄
未支給年金給付についての一考察=岩村正彦
産業医制度の課題=保原喜志夫)
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016