HOME > 詳細 > 多極時代のEUと日本 -- 世界における日欧EPA/SPAの意義
多極時代のEUと日本

多極時代のEUと日本 -- 世界における日欧EPA/SPAの意義

日本EU学会/編


2021年06月発売
A5判並製 , 252ページ
定価 3,630円(本体 3,300円)
ISBN 978-4-641-49969-0


国際政治
国際経済・世界経済・貿易

○在庫あり

ご購入はこちらから オンラインショップ

※「在庫あり」の商品でも,各ネット書店で在庫がない場合がございます。その場合は,最寄りの書店に直接ご注文ください。


目次
【共通論題:多極時代のEUと日本──世界における日欧EPA/SPAの意義】
「日欧戦略的パートナーシップ協定(SPA)の法的意義」(中村民雄)
「日本 EU EPAの経済的評価と残された課題」(安藤研一)
「Subject or Object? : Europe in Sino-American Competition」(Luis SIMON)

【公開シンポジウム:多極時代におけるユーロ:20年目の挑戦】
「公開シンポジウム『多極時代におけるユーロ:20年目の挑戦』 序文」(伊藤さゆり・司会)
「ユーロの国際的役割の検討──ドルへの挑戦,人民元,ディエムとの競争」(高屋定美)
「ユーロの安定はどのように確保されるのか」(星野郁)
「中ロ接近とユーロ」(蓮見雄)
【分科会報告】
「An Ideational Institutionalist Analysis of the Japanese Trade Policy-Making Process vis-a-vis the EC: Focus on the EC-Level Voluntary Export Moderation in 1983」(西川太郎)
「EU社会政策発展過程における裁量型調整方式導入の意義」(原田豪)/「EUリテール決済市場統合の進展と課題」(松下俊平)
「欧州経済統合におけるトランスナショナル・ネットワーク──1950年代」(小島健)
「Empirical evidence on the determinants of economic growth in the European Union: what effects of integration?」(Agata WIERZBOWSKA)
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016