HOME > 詳細 > 環境社会学研究
同一ジャンルへ: 社会学,環境
環境社会学研究

環境社会学研究

環境社会学会/編


2018年12月発売
B5判並製 , 234ページ
定価 2,750円(本体 2,500円)
ISBN 978-4-641-49937-9


社会学 > 環境社会学
環境 > 環境社会学

○在庫あり

ご購入はこちらから オンラインショップ

※「在庫あり」の商品でも,各ネット書店で在庫がない場合がございます。その場合は,最寄りの書店に直接ご注文ください。


目次
【巻頭エッセイ】同時代の出来事(植田今日子)
【特集】環境社会学と「社会運動」研究の接点(青木聡子)/エコロジー運動,環境運動,環境正義運動(寺田良一)/地域の自然とともに生きる社会づくりの当事者研究(松村正治)/「規範」に接続した「実践」的な環境運動研究を考える(西城戸誠)/社会運動研究と環境社会学(濱西栄司)/琵琶湖をめぐる住民研究から滋賀県知事としての政治実践へ(嘉田由紀子)
【論文】原発被災地で〈住民になる〉論理(庄司貴俊)/Collective labor-intensive farming toward sustainable farm livelihoods(J.M.P.N. Anuradhaほか)/マレーシアにおけるコミュニティ主導のウミガメ保護プロジェクトと漁民の意識(辻修次)/エネルギー転換と社会運動(谷口吉光)/新電力への原発事故損害賠償の負担拡大の決定過程(定松淳)/ローカル・コモンズとしての浜辺(藤井紘司)
【書評およびリプライ】支配システムの変革はいかにして可能か(湯浅陽一)/中国社会の「公共性」と政策・生活の論理の接合(金太宇)/原発事故被害の深度と「再生」(友澤悠季)/被害,制度,地域をめぐって(除本理史)/「語りを拓く」~手記集という手法(原口弥生)/震災リフレクション・遠隔地避難で生まれたユートピアとレジリエンスの「物語」(関礼子)
【レターズ】いかに環境社会学は原発事故に向き合うのか(高木竜輔)
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016