HOME > 詳細 > 21世紀家族へ -- 家族の戦後体制の見かた・超えかた 第4版
同一ジャンルへ: 社会学
21世紀家族へ

21世紀家族へ -- 家族の戦後体制の見かた・超えかた 第4版

15年振りの改訂!

落合 恵美子 (京都大学教授)/著


2019年10月発売
四六判並製カバー付 , 338ページ
定価 2,090円(本体 1,900円)
ISBN 978-4-641-28146-2
The Japanese Family System in Transition, 4th Edition

社会学 > 家族社会学
社会学 > 女性学・男性学・ジェンダー
入門書・概説書

○在庫あり

ご購入はこちらから オンラインショップ

※「在庫あり」の商品でも,各ネット書店で在庫がない場合がございます。その場合は,最寄りの書店に直接ご注文ください。


初版から四半世紀。日本の家族は変わったのか。「家族の戦後体制」は終わったのか。アジア諸国の家族も視野に入れながら,21世紀初頭の現実をとらえ,今後の展望につなげるために,新たに2章を書き下ろした。ますますパワーアップした家族社会学の基本書。
目次
プロローグ 20世紀家族からの出発
1 女は昔から主婦だったか
2 家事と主婦の誕生
3 二人っ子革命
4 核家族化の真相
5 家族の戦後体制
6 ウーマンリブと家族解体
7 ニューファミリーの思秋期
8 親はだめになったか
9 双系化と家のゆくえ
10 個人を単位とする社会へ
11 家族の戦後体制は終わったか
12 20世紀システムを超えて
エピローグ 21世紀家族へ
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016