HOME > 詳細 > デジタルプラットフォームと独禁法
同一ジャンルへ: 経済法
デジタルプラットフォームと独禁法

デジタルプラットフォームと独禁法

日本経済法学会年報 第42号

日本経済法学会/編


2021年09月発売
A5判並製 , 162ページ
定価 3,080円(本体 2,800円)
ISBN 978-4-641-24348-4


経済法 > 企業法・独占禁止法 > 独占禁止法

○在庫あり

ご購入はこちらから オンラインショップ

※「在庫あり」の商品でも,各ネット書店で在庫がない場合がございます。その場合は,最寄りの書店に直接ご注文ください。


目次
〈特集〉デジタルプラットフォームと独禁法
デジタルプラットフォームと独禁法──現状と課題…………………………………東條吉純
デジタルプラットフォームと競争者排除行為規制……………………………………武田邦宣
デジタルプラットフォームに対する優越的地位の濫用規制の意義…………………柴田潤子
デジタルプラットフォームと企業結合規制…………………………………………和久井理子
デジタルプラットフォーム事件における問題解消措置と確約措置の実効性
………………………………………………………………………………Vande Walle, Simon
デジタルプラットフォーム市場において競争阻害が懸念される要因について……松島法明
〈2020年度シンポジウムについて〉
景表法と優越的地位の濫用のエンフォースメント
──消費者取引適正化という観点からの包括的法執行を目指して………………滝澤紗矢子
独占禁止法1年の動き……………………………………………………………………渡辺昭成
〈コロナ(Covid─19)禍のもとでの競争政策・独禁法〉
新型コロナウイルスと経済法……………………………………………………………舟田正之
学会の動き 2021……………………………………………………………………………川濵 昇
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016