HOME > 詳細 > 最近の重要環境判例
同一ジャンルへ: 環境法
最近の重要環境判例

最近の重要環境判例

環境法研究 第45号

人間環境問題研究会/編


2020年12月発売
A5判並製 , 192ページ
定価 3,960円(本体 3,600円)
ISBN 978-4-641-22798-9


環境法 > 公害

○在庫あり

ご購入はこちらから オンラインショップ

※「在庫あり」の商品でも,各ネット書店で在庫がない場合がございます。その場合は,最寄りの書店に直接ご注文ください。


目次
1 全体の動向(黒坂則子,森田崇雄)
2 騒音 保育園の園児の声等による精神的被害に対する慰謝料と防音設備設置請求について受任限度内とされた事例─大阪高判平29・7・18(祐川友磨)/対米国・嘉手納基地爆音差止等請求事件─那覇地沖縄支判平29・2・9(江原菜美子)
3 土壌汚染 環境基準値を上回るヒ素が検出されたことから,不動産売買契約の特約に基づく買主による契約解除が認められた事例─名古屋高判平29・8・31(亀井隆太)
4 化学物質・アスベスト シロアリ駆除の薬剤散布による化学物質過敏症の再発と使用者責任─佐賀地判平28・10・18(金井憲一郎)/建設アスベスト訴訟で初めての控訴審判決─東京高判平29・10・27(石田 瞳)
5 廃棄物・リサイクル 廃墓石の台石等の廃棄物該当性及び産業廃棄物無許可収集運搬罪における故意と違法性の意識(廃棄物の処理及び清掃に関する法律違反被告事件)─広島高岡山支判平28・6・1(佐藤 泉)
6 景観・まちづくり 環境権等に基づくメガソーラー設置等差止請求事件─大分地判平28・11・11(渡部朗子)/墓地経営不許可処分取消等請求事件─東京高判平29・8・9(黒坂則子)
7 自然保護 国有林野の使用許可処分等の無効確認訴訟における自然保護団体等の原告適格─札幌高判平30・1・17(宇野雄一郎)/泡瀬干潟事件第二次訴訟─福岡高那覇支判平28・11・8(近藤卓也)
8 水俣病 公害健康被害の補償等に関する法律に基づく障害補償費の不支給決定取消等請求事件─最判平29・9・8(神山智美)
9 原子力 伊方原発三号炉運転差止仮処分命令申立訴訟広島高裁決定─広島高決平29・12・13(清水知佳)/福島第一原発事故群馬訴訟(特に国家賠償について)─前橋地判平29・3・17(原島良成)
10 環境保全協定の効力 東海道新幹線鳥飼車両基地地下水汲上げ差止訴訟─大阪高判平29・7・12(森田崇雄)
11 国際裁判所判決 サンファン川をめぐるコスタリカとニカラグアの紛争国際司法裁判所判決(一之瀬高博)/南シナ海事件(フィリピン対中国)国連海洋法条約附属書7仲裁裁判所本案判決(佐古田彰)
〈書評〉
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016