HOME > 詳細 > 信託課税研究の道標
同一ジャンルへ: 租税法
信託課税研究の道標

信託課税研究の道標

信託課税研究のマイルストーンとなる1冊

中里 実 (東京大学教授),渕 圭吾 (神戸大学教授),吉村 政穂 (一橋大学教授)/編著
増井 良啓 (東京大学教授),浅妻 章如 (立教大学教授),藤谷 武史 (東京大学教授),神山 弘行 (一橋大学准教授)/著


2019年12月発売
A5判上製カバー付 , 344ページ
定価 6,820円(本体 6,200円)
ISBN 978-4-641-22770-5
Milestones in Trust Taxation Research

租税法 > 租税一般

○在庫あり

ご購入はこちらから オンラインショップ

※「在庫あり」の商品でも,各ネット書店で在庫がない場合がございます。その場合は,最寄りの書店に直接ご注文ください。


信託法理の生成といった過去を振り返るとともに,信託の有する財産権の転換機能(柔軟な受益権設定,時間を超える利益調整)に伴って生じる課税上の諸問題および租税法理論の新たな可能性を広く考察する本書は,信託課税の理論的発展の道標となる1冊。
目次
第1章 信託法理の生成
  信託法理の生成(中里 実)
  法人格を有する信託としての財団法人(中里 実)
第2章 課税上の利益帰属
  所得の「帰属」・再考(序説)──東京高判平成23年9月21日訟月58巻6号2513頁を手がかりとして(藤谷武史)
  Reich論文の“Super-Matching” Ruleの紹介及び信託等を通じたマッチングの意義と限界(浅妻章如)
  無償取引と取引の単位──課税の前提に関する研究ノート(中里 実)
  無償取引と対価(中里 実)
第3章 時間を超える利益移転
  年齢・主体・課税に関する研究ノート──教育資金贈与信託を出発点に(神山弘行)
  民事信託と相続税・贈与税に関する研究ノート(渕 圭吾)
  受益者連続型信託に対する資産移転税の課税方式に関する一考察(藤谷武史)
  「みなし相続財産」と信託(渕 圭吾)
  所得税と相続税の調整――アメリカ生命保険源泉徴収税の外国税額控除と債務控除(BFH Ⅱ R51/14)(浅妻章如)
  世代間資産移転のための「公的基金」と信託的ガバナンスに関する研究ノート――地方財政法と杉並区減税自治体構想を題材に(神山弘行)
第4章 国境を越える信託
  英国における法人該当性判断をめぐる動揺──Anson事件最高裁判決(吉村政穂)
  4号所得の空洞化(増井良啓)
  支店外国税額控除の設計(増井良啓)
  UCITSⅣに対応した英国税制の動向(吉村政穂)
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016