HOME > 詳細 > 家族心理学 -- 家族システムの発達と臨床的援助
同一ジャンルへ: 心理学
家族心理学

家族心理学 -- 家族システムの発達と臨床的援助

中釜 洋子 (東京大学教授),野末 武義 (明治学院大学准教授),布柴 靖枝 (東北工業大学准教授),無藤 清子 (東京女子大学教授)/著


2008年12月発売
A5判並製カバー付 , 328ページ
定価 2,750円(本体 2,500円)
ISBN 978-4-641-18367-4


心理学 > 臨床心理学
入門書・概説書

この書籍には最新版があります。

最新版ページ

在庫なし

一見自明な「家族」をシステム論の視点から今改めて捉え直し,家族の発達と臨床的諸問題に迫る。基礎理論から最新の臨床研究の知見まで,包括的に体系的にまとめた新しいテキスト。実務家の声や,社会学的知見もとりいれ,家族をとりまく現状を多角的に考えさせる。
目次
第1部 家族とは何か
 第1章 家族システム理論──家族をどうとらえるか
 第2章 家族を理解するための鍵概念──家族をどう見立てるか
第2部 家族の発達
 第3章 独身の若い成人期──家族づくりの前にやっておきたいこと
 第4章 結婚による家族の成立期──夫婦としての絆づくり
 第5章 乳幼児を育てる段階──「親になる」とは
 第6章 小学生の子どもとその家族──子育て期のエアポケット
 第7章 若者世代とその家族──子どもたちの巣立ちの時
 第8章 老年期の家族──老いを迎える家族
第3部 家族と臨床的諸問題
 第9章 家族への臨床的アプローチ──家族療法入門
 第10章 夫婦関係の危機と援助──愛情は幻だったのか
 第11章 子育てをめぐる問題と援助──次世代を誰がどう育てるかという問い
 第12章 家族が経験するストレスと援助──災害・喪失・病気など
 第13章 家族の中のコミュニケーション──コミュニケーション学派の視点
 第14章 女性と家族──誰がケアを担うのか
 第15章 男性と家族──父親と夫をどう理解し援助するか
 ブックガイド,付表
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016