HOME > 詳細 > バブル後の金融危機対応 -- 全軌跡 1990~2005
バブル後の金融危機対応

バブル後の金融危機対応 -- 全軌跡 1990~2005

ふたたび起こりうる危機に向けて

伊藤 修 (埼玉大学名誉教授)/著


2022年08月発売
A5判並製カバー付 , 234ページ
定価 4,180円(本体 3,800円)
ISBN 978-4-641-16600-4


金融 > 金融論
日本経済
経済史 > 日本経済史

○在庫あり

ご購入はこちらから オンラインショップ

※「在庫あり」の商品でも,各ネット書店で在庫がない場合がございます。その場合は,最寄りの書店に直接ご注文ください。


バブル崩壊以降2000年代前半にかけての金融危機をめぐる政策対応を包括的に検証。銀行破綻や不良債権処理に関する金融行政を,当時の政治・世論などをも踏まえて跡づける。財務省『平成財政史』でも当該項目を執筆した著者が,析出した教訓を後世に託す。
目次
序 章 本書の課題と構成
第1章 護送船団行政から金融危機へ:概観
第2章 バブル崩壊と初動の遅れ:1990~1994
第3章 非常事態入りと対応の混迷:1995~1996
第4章 金融危機と金融国会:1997~1998
第5章 不良債権処理の進展と危機の収束:1999~2005
終 章 危機収束後の長期沈滞の展望:2005~2021
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016