HOME > 詳細 > 判例労働法入門 第4版
同一ジャンルへ: 労働法
判例労働法入門

判例労働法入門 第4版

判例を使いながらわかりやすく労働法を解説

野田 進 (九州大学教授),山下 昇 (九州大学准教授),柳澤 武 (名城大学教授)/編


2015年04月発売
A5判並製カバー付 , 438ページ
定価 3,190円(本体 2,900円)
ISBN 978-4-641-14479-8
Labour Law: Fundamental Cases, 4th ed.

労働法
労働法 > 労働契約・就業規則
労働法 > 争議行為
労働法 > 労働基準法
労働法 > 労働法一般
入門書・概説書

この書籍には最新版があります。

最新版ページ

在庫なし

重要判例を軸として,労働法の全体を平易に解説した好評テキスト。随所で重要判例の事案と判旨を紹介し,労働法の体系的知識と判例の考え方・位置づけとを一体として学べるよう工夫。今回,全面的に叙述内容を見直し,章立ても刷新,最新の法令・判例に対応した。
目次
第1編 基本構造
 第1章 労働法の課題と役割
 第2章 労働法上の当事者
 第3章 労働紛争の解決
第2編 労働契約
 第4章 労働契約の締結過程と成立
 第5章 有期労働
 第6章 パートタイム労働・派遣労働法
 第7章 労働契約上の権利・義務
 第8章 労働契約と就業規則
 第9章 懲 戒
 第10章 人事異動・配転・出向
 第11章 労働契約の変更
 第12章 労働契約の維持
 第13章 解 雇
 第14章 退職とその法律関係
第3編 人権と平等
 第15章 労働者の自由と人権
 第16章 雇用平等
第4編 労働条件
 第17章 賃 金
 第18章 労働時間
 第19章 休憩・休日と年次有給休暇
 第20章 年少者・妊産婦等
 第21章 労働安全衛生と労災補償
第5編 労使関係
 第22章 労働組合
 第23章 団体交渉
 第24章 労働協約
 第25章 団体行動
 第26章 不当労働行為
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016