HOME > 詳細 > 新基本民法4 債権編 -- 契約債権の法 第2版
同一ジャンルへ: 債権総論
新基本民法4 債権編

新基本民法4 債権編 -- 契約債権の法 第2版

債権法改正に完全対応のシリーズ新版・第3弾!

大村 敦志 (学習院大学教授)/著


2019年12月発売
A5判並製カバー付 , 252ページ
定価 2,090円(本体 1,900円)
ISBN 978-4-641-13820-9
Nouveau droit civil fondamental 4,Contrat en general

債権総論
入門書・概説書

○在庫あり

ご購入はこちらから オンラインショップ

※「在庫あり」の商品でも,各ネット書店で在庫がない場合がございます。その場合は,最寄りの書店に直接ご注文ください。


債権総論を「契約債権の法」ととらえ,契約によって成立した債権の実現に関して我々の社会がいかなる法をもつべきかを考える。初版は法案段階で改正対応を行っていたが,施行を前に対応を完成させた。2色刷で重要ポイントがひと目でわかる。〈2色刷〉
目次
総 論 契約債権とその実現(UNIT1)
序 章 債権内容の確定(UNIT2)
第1章 任意の実現:弁済
 第1節 弁済の過程(UNIT3)
 第2節 弁済の当事者(UNIT4)
第2章 強制による実現
 第1節 履行の強制(UNIT5)
 第2節 損害賠償(UNIT6/UNIT7)
第3章 優先的な実現
 第1節 相 殺(UNIT8)
 第2節 債権者代位権(UNIT9)
 第3節 詐害行為取消権(UNIT10)
第4章 当事者の交替
 第1節 債権譲渡(UNIT11)
 第2節 更改・債務引受(UNIT12)
補 論 歴史と法(UNIT13)
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016