HOME > 詳細 > ひとりで学ぶ民法
同一ジャンルへ: 民法一般
ひとりで学ぶ民法

ひとりで学ぶ民法

自立した思考を身につける

山野目 章夫 (早稲田大学教授),横山 美夏 (京都大学教授),山下 純司 (学習院大学教授)/著


2008年06月発売
A5判並製カバー付 , 298ページ
定価 2,750円(本体 2,500円)
ISBN 978-4-641-13510-9


民法一般

この書籍には最新版があります。

最新版ページ

在庫なし

民法を使いこなすためには,まず条文やそこに規定される制度を理解して,それを事例に即して当てはめる経験を積むことが大切。段階的に配置された3つのステップの問題群に取り組むことで,未知の事例を一人で考え抜くための思考回路を形成する。解説付き。
目次
Stage1(カドリーユ:分野ごとの基本的な問題)──全30問
権利能力・行為能力・意思能力
法律行為・意思表示(1)
法律行為(2)
代 理
時 効
不動産物権変動
動産物権変動
物権的請求権
共 有
担保物権全般/抵当権(1)
抵当権(2)
非典型担保
債権者代位権
詐害行為取消権
保証債務
弁 済
相 殺
売 買
賃貸借
請 負
役務提供契約
危険負担
不法行為(1)
不法行為(2)
不当利得(1)
不当利得(2)
親子関係
相続(1)
相続(2)
Stage2(シュジェ:社会生活上出くわす具体的主題を取り上げた事例問題)──全16問
マンションを買う
融資を受ける
担保割れに備える
財産管理を任せる
パートナーと別れる
地主の息子の悩み
交通事故に遭って
やぶ医者話
盗難の被害に遭って
友達にお金を貸したけど……
大家とのトラブル
ネットオークション
スーツのオーダーメード
相続の法律相談を受けたら
いじめにあって
アルバイト先でのトラブル
Stage3(エトワール:分野横断的な長文の問題)──全4問
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016