HOME > 詳細 > 新時代の弁護士倫理
新時代の弁護士倫理

新時代の弁護士倫理

ジュリストブックスProfessional

髙中 正彦 (弁護士),石田 京子 (早稲田大学教授)/編


2020年12月発売
A5判並製 , 342ページ
定価 3,740円(本体 3,400円)
ISBN 978-4-641-12622-0
Attorney's Professional Responsibility in the New Era

法学・法律問題一般

○在庫あり

ご購入はこちらから オンラインショップ

※「在庫あり」の商品でも,各ネット書店で在庫がない場合がございます。その場合は,最寄りの書店に直接ご注文ください。


ジュリスト好評連載の単行本化。弁護士倫理の現在について,考え方の基本と応用を解説する。実務家の座談会に研究者から,研究者の論文に実務家からのコメントを付すなど,理論と実務双方からの議論を実現した。弁護士倫理を実務の現場でどう生かすか指南を与えてくれる一冊。

◆法学教室の「Book Information」コーナーにおいて,編集担当者が本書を紹介!!  →記事を読む
目次
第1部 はじめに(座談会)
 第1章 弁護士のプロフェッション性をめぐって
第2部 基礎理論編(論文)
 第2章 弁護士の誠実義務と職務の独立性
 第3章 守秘義務
 第4章 利益相反
第3部 実践編(座談会)
 第5章 事件受任における弁護士倫理
 第6章 弁護士報酬と預り金管理
 第7章 相手方に対する配慮義務
 第8章 共同事務所
 第9章 組織内弁護士
 第10章 刑事弁護の苦悩
 第11章 弁護士懲戒と弁護士自治
第4部 おわりに(座談会)
 第12章 これからの弁護士倫理を展望する
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016