HOME > 詳細 > 逐条解説2016年ヨーク・アントワープ規則 -- 共同海損の理論と実務
逐条解説2016年ヨーク・アントワープ規則

逐条解説2016年ヨーク・アントワープ規則 -- 共同海損の理論と実務

実務必携

東京海上日動火災保険株式会社コマーシャル損害部/編著


2022年02月発売
A5判上製カバー付 , 426ページ
定価 5,500円(本体 5,000円)
ISBN 978-4-641-01849-5


商法一般・総則・商行為 > 海商(国際海上・航空物品運送も含む)
国際私法・国際取引法 > 国際取引契約

○在庫あり

ご購入はこちらから オンラインショップ

※「在庫あり」の商品でも,各ネット書店で在庫がない場合がございます。その場合は,最寄りの書店に直接ご注文ください。


2016年ヨーク・アントワープ規則を明快・緻密に解説。近年の重要判例や実務的な論点も詳説。1994年ヨーク・アントワープ規則の正確な理解にも有用。1994年・2004年・2016年の本規則の対照・対訳表や万国海法会のガイドラインの対訳等の資料も豊富に掲載。
目次
Ⅰ 総 説
 1 共同海損とは
 2 共同海損法の統一とヨーク・アントワープ規則(York-Antwerp Rules:YAR)の変遷
 3 わが国商法における共同海損
Ⅱ 解釈規定と至上規定
 1 解釈規定
 2 至上規定
Ⅲ 文字規定
 1 共同海損の成立要件
 2 共同海損たる損害および費用
 3 過失と共同海損
 4 立証責任,通知義務ならびに書類提出期限
 5 代換費用
 6 共同海損の精算と不分離条項
Ⅳ 数字規定
 1 共同海損犠牲損害
 2 共同海損費用
 3 損害額の算定
 4 負担価額
 5 共同海損の精算
 6 共同海損分担金に関するタイム・バー
Ⅴ 共同海損と海上保険
 1 貨物保険と共同海損
 2 船舶保険と共同海損
 3 共同海損費用保険

【資  料】
ヨーク・アントワープ規則関係

 YAR1994/YAR2004/YAR2016 対訳
 共同海損に関する万国海法会(CMI)ガイドライン(原文)
 共同海損に関する万国海法会(CMI)ガイドライン(暫定訳)
海損精算人協会実務規定関係
 日本海損精算人実務規定
 イギリス海損精算人規定
 アメリカ・カナダ海損精算人実務規定
共同海損宣言状・担保書面関係
 General Average Declaration Letter(共同海損宣言状)
 General Average Guarantee(無制限共同海損分担保証状)
 General Average Bond(ロイズ共同海損盟約書)
 Valuation Form(ロイズ積荷価額申告書)
 General Average Cash Deposit Receipt(ロイズ共同海損供託金領収証)
共同海損費用保険約款関係
 Average Disbursements Clauses(A)
 Average Disbursements Clauses(B)
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016