HOME > 詳細 > 働き方の知恵
同一ジャンルへ: 労働法
働き方の知恵

働き方の知恵

野川 忍 (東京学芸大学教授),野田 進 (九州大学教授),和田 肇 (名古屋大学教授)/著


1999年04月発売
四六判並製カバー付 , 238ページ
定価 1,650円(本体 1,500円)
ISBN 4-641-28018-5


労働法

在庫なし

働くとは何か,仕事の意味は何か。終身雇用制の終焉,成果主義賃金の導入等々,労働をとりまく環境が激変するなか,働くことの意味が問われている。気鋭の労働法学者が,一連の労働法制改革の意味を明らかにし,主体的労働への可能性をさぐった。労働法の入門にも好適。
目次
《主な目次》
第1章 働き方の「いま」
 1 「働き方」を変えたい/2 多様な「働き方」
第2章「働き方」とその規制
 1 労働立法の世紀/2 社会的労働
第3章 労働の規制とその改革
 1 労働の規制のあり方/2 労働における規制の内容/3 雇用関係法制の生成と発展/4 雇用関係法制にはどのような課題があるのか/5 雇用関係法制の規制のあり方
第4章 諸外国における規制改革
 1 外国の例を眺めてみる/2 アメリカ/3 フランス/4 スウェーデン/5 ドイツ/6 比較からの示唆
第5章 働き方の知恵
 1 雇用社会と市場主義イデオロギー/2 「新しい働き方」の意味/3 「主体的労働」への道/4 働き方の知恵
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016