HOME > 詳細 > 担保物権法 第3版
同一ジャンルへ: 物権法
担保物権法

担保物権法 第3版

有斐閣法学叢書 > 有斐閣法学叢書 2

高木 多喜男 (大阪学院大学教授)/著


2002年03月発売
A5判上製カバー付 , 412ページ
定価 4,212円(本体 3,900円)
ISBN 4-641-13288-7


物権法 > 担保物権

この書籍には最新版があります。

最新版ページ

在庫なし

担保物権法に関する著者の長年の研究を基礎に,丹念に判例・学説を検討してまとめられた定評ある体系的教科書。バブル崩壊後に生じた様々な病理的現象を解決すべく現れた多くの最高裁判例,新立法を検討紹介し,旧版の見解に修正・補充を加えた第3版。
目次
《主な目次》
第1章 序 章
第2章 留置権
第3章 先取特権
第4章 質 権
第5章 抵当権
 第1節 序 説
 第2節 抵当権の設定
 第3節 抵当権の効力の及ぶ範囲
 第4節 抵当権の侵害と抵当権の効力
 第5節 優先弁済的効力
 第6節 抵当権と用益権
 第7節 第三取得者の地位
 第8節 抵当権の処分
 第9節 共同抵当
 第10節 根抵当
 第11節 抵当権の消滅
 第12節 特別法上の抵当制度
第6章 権利取得型非典型担保
 第1節 序 説
 第2節 仮登記担保
 第3節 譲渡担保
 第4節 所有権留保
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016