HOME > 詳細 > Q&A個人情報保護法 第2版
同一ジャンルへ: 行政法
Q&A個人情報保護法

Q&A個人情報保護法 第2版

個人情報保護基本法制研究会/編
三上 明輝 (前内閣官房個人情報保護担当室室長補佐),清水 幹治 (前内閣官房個人情報保護担当室室長補佐)/
新田 正樹 (前内閣官房個人情報保護担当室室長補佐)/著


2004年08月発売
A5判並製 , 182ページ
定価 1,320円(本体 1,200円)
ISBN 4-641-12955-X


行政法 > 行政手続・参加・情報公開・個人情報保護

この書籍には最新版があります。

最新版ページ

在庫なし

立法担当官による信頼の“わかりやすい”解説。第2版では,政令や基本方針に対応したQ&Aを新たに追加し,内容を刷新した。個人情報に関わる自治体・取扱事業者,行政機関・民間企業,そして関心のあるすべての読者の疑問に具体的に答える必読・必携の書。
目次
総 論(Q1~7)
 Q7 この法律ができると,事業者や一般の消費者にはどのようなメリットがあるのですか。
目的・定義・基本理念(Q8~16)
 Q8 この法律の目的は何ですか。いわゆるプライバシーを保護するための法律なのですか。
 Q9 どのような個人情報が,この法律の対象となるのですか。
国・地方公共団体の責務及び施策(Q17~20)
 Q17 国の行政機関や独立行政法人等の保有する個人情報については,どのように保護されるのですか。
個人情報取扱事業者の義務(Q21~61)
適用除外(Q62~66)
罰則・その他(Q67~70)
資料(法律・施行令・基本方針ほか)
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016