HOME > 詳細 > シネマで法学
シネマで法学

シネマで法学

野田 進 (九州大学教授),松井 茂記 (大阪大学教授)/編著
千葉 恵美子 (名古屋大学教授),君塚 正臣 (関西大学助教授),五十川 直行 (九州大学教授),井田 良 (慶應義塾大学教授)/執筆


2000年11月発売
A5判並製カバー付 , 348ページ
定価 3,080円(本体 2,800円)
ISBN 4-641-08652-4


法学・法律問題一般

この書籍には最新版があります。

最新版ページ

在庫なし

結婚・戦争・犯罪……と,映画のテーマには法律に関わるものが少なくない。普段何気なく見ている映画のなかから法律問題を取り出し,わかりやすく解説したユニークな法学入門テキスト。採りあげた映画・法分野ともに多岐にわたり,幅広い層の読者の興味に応える。
目次
《主な目次》
Act1 オープニング/法学という銀幕
 法,すなわち力を備えた言語の世界
 法の世界の登場人物
 決着は法廷で?Act2 ポリティクス
 民主主義という幻想?
 国家による殺人――戦争と平和
 心のうちにひそむ差別
 知らないものへの恐怖――外国人差別の根源
Act3 ライフ
 所有するということ
 約束は守るもの?
 お金にまつわる怖い話
 仕事が変わる
Act4 ラブ・ストーリー
 男と女の約束
 親と子どもの間には
Act5 いのち
 家族を支えて護る
 生と死
Act6 罪と罰
 刑事裁判における正義
 誤判はなぜなくせないか
 刑罰という名の殺人
Act7 バック・トゥ・ザ・フューチャー
 サイバースペースに法はあるか
 人は科学をコントロールできるか
 人は自然と共存できるか
 宇宙
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016