HOME > 詳細 > エキサイティング刑法 総論
同一ジャンルへ: 刑法
エキサイティング刑法 総論

エキサイティング刑法 総論

形式的犯罪論 vs.実質的犯罪論

大谷 實 (同志社大学教授),前田 雅英 (東京都立大学教授)/著


1999年04月発売
A5判並製カバー付 , 340ページ
定価 3,132円(本体 2,900円)
ISBN 4-641-04178-4


刑法 > 刑法総論
補助教材

○在庫あり

学説の対立が激しくかつ多様に展開している刑法学にあって,「形式的犯罪論」と「実質的犯罪論」という旗幟を鮮明にしておられる大谷・前田両先生が,刑法学の重要論点を詳細にかつエキサイティングに議論を展開。刑法学の広がりと深さを理解することができる好著。
目次
《主な目次》
1 戦後の刑法学説の対立
2 形式的犯罪論と実質的犯罪論
3 実行行為
4 因果関係
5 不作為犯について
6 違法性について
7 正当防衛と緊急避難
8 故意について
9 錯誤について
10 過失について
11 責任とその阻却
12 未遂犯――実行の着手を中心に
13 中止犯と不能犯
14 共犯と正犯
15 共同正犯
16 教唆と幇助
17 共犯の諸問題
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016